banner

会社設立と官報

会社設立と官報について

会社設立時に、様々な手続きが必要であり、その一つとして株式会社の公告義務という言葉を聞くこととなりますし、定款記載事項ということも聞くでしょう。

両方とも、会社設立時には、避けては通れない重要な手続きとなっています。

株式会社は会社法によって、重要な事項を公に知らせる義務を負っています。重要な事項とは、決算、合併、資本金の額の減少、解散などになります。

そして、公に知らせるということを公報と言いますが、方法としては、官報に掲載する、日刊新聞紙に掲載する、電子公告をするというようなことがあります。

すべてに記載しなければならないわけではなく、会社設立時には、定款を作成しますが、そこにどういう方法で公告をするかを定めておく必要があり、前述の方法の一つを選んで定めておけば事は足りるというわけです。もちろん、会社設立のときに二つ以上の公報手段を定款に定めれば、その通りに実行しなくてはないことは言うまでもありません。

逆に、定款に定めた方法を実施した上で、他の方法も実施することについては、何の問題もありません。
会社設立のときに一般的には、官報に掲載すると定める会社が多くなっており、通常はそれで済ませる会社が多いのすが、広く公に知らせるという法の趣旨に則り、大手企業のように、官報にも掲載するが、日刊新聞紙にも掲載するところもすくなくありません。そうした場合は、一つだけの日刊新聞紙だけに掲載するのではなく、複数の日韓新閔氏に掲載する会社が多いようです。

最も多くの会社が官報だけを利用していますが、その理由は、会社法に定められた義務を果たすという観点で見ると、最も簡便で利用しやすいということになるでしょう。

特に決算公告の場合は、会社の決算に関する情報を公に報じるわけですが、広告掲載費用は10万円未満で済むというところも大きな理由になっています。

もちろん、公報する記事ののボリュームによって、費用は変わってきますが、必要最低限で済まそうとすれば、6万円くらいの出費で収めることができるのです。

官報は国が発行している機関誌で、国の動きや、国会の情報、公務員の人事異動、法令の甲府などの情報が報じられますが、会社が公報したい場合は、各都道府県に設けられている専用の販売所に電話で申し込めば、簡単に手続きできます。

必要な項目を最小限に絞った記事の作成の仕方や、いつごろ申し込み、株主総会の関係でいつまでに掲載したらいいかなども含めて、懇切丁寧に教えてくれますし、原稿の校正も簡単にできますので、とても便利なところです。

Copyright(c) 2014 会社設立の費用を抑えるための知識All Rights Reserved.