banner

会社設立とクレジットカード

会社設立とクレジットカードの関係って?

会社設立が完了したというような場合には、設立者自身の立場などを中心として様々なものが変わるようになります。

生活スタイルなども変わってきますし、行うべき業務も変わります。

また特に大きく変わるものとなるのが「社会における評価」です。

特に会社設立を行う人の多くは「これまで勤めていた会社を退職して、立場としては自営業に近いものになる」ということになりますから、クレジットカードなどにおいては特に大きく評価が変化するのです。

「従業員」から「会社の取締役」になるわけですから、一見するとより高い評価を得られるようにも見えますが、実際には全く逆の結果になることがほとんどです。

創業して間もない会社はその後成功するかもわかりませんし、場合によってはすぐに倒産してしまうかも知れません。

そういう状況だと一般的なクレジットカードでは時として審査を通過できないということもあり得るのです。

とはいえ、会社設立を行うとそうしたカードは全く作れなくなるのかと言うと、それもまた違います。

会社設立後は、自身の判断で「法人カード」と呼ばれるものに加入できるようになるのです。ではこの法人カードを使うことのメリットはどこにあるのかと言うと、特に大きなメリットとなるのが「会社の支出を記録できる」ということです。

これは特に法人カードを個人用以外の用途として使う場合に顕著なメリットとなりますが、これを支払いに利用することによって、日々の支出を細かく記録する必要が少なくなります。

もちろんカードで支払うことができないものについては現金で支払うことになりますから、記録が全く必要なくなるわけではありません。

しかし備品などをカードで購入するという場合には、それにかかった費用を迷彩で確認することができるわけですから、事務作業の効率化に非常に大きな効果を発揮してくれることとなるでしょう。

また同様に大きなメリットとして考えられるのが「購入と実際の支払いにタイムラグが生まれる」ということです。

実際にカードを使用して購入をした場合であっても、その代金が請求されるのは翌月の末以降になることがほとんどです。
そのため前月のうちに支出額を確認して、それを考慮に入れた上での経営計画の立案などがやりやすくなります。
会社設立をした場合には「お金」について考える機会がこれまでよりもはるかに増えるということは間違いありませんから、こうした「会社運営に活用できるもの」については積極的に利用を検討していくとよいでしょう。

Copyright(c) 2014 会社設立の費用を抑えるための知識All Rights Reserved.