banner

会計処理をどうするか

会社設立とそれに伴う会計処理をどうするか

会社設立に伴う会計処理は、簿記などの知識があればそれほど困ることはありません。資本金の計上や必要な物品の購入などの仕訳や総勘定元帳の作成などを行っていくことになりますので、ここでの処理を適切にすることで後々楽になってきます。

逆に言うと経理の知識がない人ばかりの場合は、処理に困ることがあり得ます。そのため、勢いだけで会社設立をするのではなく、綿密な計画のもとでその時々に応じて確実に処理ができるように段取りをしておく姿勢が必要となり、また税理士事務所に顧問を依頼したりすることで対応が可能になるケースも存在しますので、会計や税務のプロフェッショナルである税理士に顧問を依頼するなどの準備も抜かりなく行うことが大切となってきます。

会社設立では、いろいろな役所へと届出を行わなければなりません。定款や登記簿謄本関係であれば法務局などへ、税金関係の届け出は税務署や県税事務所、市町村役場へといった具合に、どの役所ではどの手続きをしているのかは最低限度把握しておく必要がありますし、また、会計処理についてもその帳簿作成などにより税務署などへの申告も必要となりますから、法令等に従ってしっかりと行っていくことが重要です。

よくある失敗では、会計処理などがずさんで会社設立時はどんぶり勘定で処理をし、その後の決算時期になってあわてて税理士事務所へと依頼するパターンです。

税理士事務所も多くの顧問を抱え、場合によっては日常の経理処理は会社設立をしたところが責任をもってするように指導するところがありますし、その後の決算では最低限度のことしかしないというところも存在します。当たり前と言っては当たり前の話ですが、一から十まですべてをフォローできる税理士事務所などは最近では滅多に存在しません。

会計処理のためには複式簿記いわゆる家計簿や役所のような収入と支出がいくらあったかだけではなく、その収入や支出が適正かどうかも確認がなされます。

一定のルールたとえば企業会計原則等のもとで運用されていますので、そのルールに則った適切な帳簿作成が出来なければいけません。この帳簿作成ができない場合には、税務署などの官公庁から指導がなされたりあるいは悪質な場合には税金逃れとして追徴課税を受けるなどの問題も出てきてしまいます。

そうした事態を避けるためにも、適切に会計処理が行えるような体制作りを会社をスタートした時から意識付けを行っておくことが極めて重要です。

Copyright(c) 2014 会社設立の費用を抑えるための知識All Rights Reserved.