banner

格安で会社設立をする

格安で会社設立をするにはどうすればいい?


会社設立をするというような場合には、どのような会社であったとしてもある程度の費用がかかってくることとなります。

そうした費用の中には避けられないものも多いのですが、中には節約しようと思えば節約できる部分があるのも事実です。

それでは、会社設立を格安で行うために節約できる部分とはどこなのでしょうか。これは「印紙の代金」という部分です。

会社設立の手続きの中では作成した定款の認証を受ける必要がありますが、この定款には4万円分の印紙をはりつける必要があるのです。

なるべく支出を抑えたい会社設立の中で、4万円と言う費用は決して無視できるものではありません。ではこれをどのようにすれば節約し、格安で会社設立を出来るのかと言うと、その方法となるのが「電子定款による認証を受ける」ということです。

電子定款とは、これまで書面で作成されていた定款を電子文書で作成するというようなものになります。

そして電子定款で定款認証を受けるという場合には、印紙を貼るという必要はありません。

ですから、電子定款で認証を受ければ、印紙代の4万円を削減することができるということになるのです。

しかし実際に電子定款を作成するには機材やソフトなど様々なものが必要になり、機材をそろえていくと4万円以上かかるのが一般的です。

ではどうすればよいのかと言うと、ここで登場するのが「会社設立代行」です。

会社設立の代行は税理士事務所や司法書士事務所、行政書士事務所と言ったような事務所で行われていることが多いのですが、こうした代行業者は電子定款を作成するための機材やソフトなどを事前にそろえています。

また代行を依頼する人の多くが「印紙代を節約したい」という意図があるため、総合的に見ても代行を依頼した方が安くつくケースが非常に多いのです。

会社設立においては「安く完了させたい」ということから、代行業者などに依頼せずに個人で完了させるという人もいるのですが、実際には個人で完了させようとする方が高くつくのです。

また代行業者、特に税理士事務所の場合には税務顧問やコンサルタントとして経営を手伝ってくれることも多く、実際に経営が始まってからも活用することができます。

とはいえそうしたコンサル業務などを依頼するというような場合には、相応の費用がかかってくるというのも事実ですから、必要に応じて選択することが重要です。

会社設立が完了した後にはさまざまな費用が必要になりますから、なるべく不要な出費を抑えていけるよう、様々な情報を収集しましょう。

Copyright(c) 2014 会社設立の費用を抑えるための知識All Rights Reserved.